FC2ブログ

旧友との再会・・・2015年10月09日

[エピソード]
IMG_0952-47491_fbS.jpg

アメリカから旧友が約20年振りに来日、我が家にも訪ねてきてくれた。
大船駅の待ち合わせ場所で彼を見つけた時、思わず二人とも駆け寄り、感激も一入の再会に。 そこからまず定泉寺の田谷の洞窟を観光案内。 でも道中話し込んで何度も足が止まり、なかなか先に進めない。 ようやく辿り着いたのは約1時間後。 普通なら約15分で到着出来るところだ。 洞窟内で簡単にガイド。 予め復習して置いたのが役に立つ。 しかし世界を渡り歩く彼の話が重なり、脱線に続く脱線。 多彩で内容のある話に改めて感銘を受ける。 洞窟を出た時は既に1時半。 ここには何度も訪れているが、こんなに長く居たことは無い。 その後隣接する九つ井で陶器等を見学し、大船駅に戻って和食のランチ。 彼は箸を器用に使いこなす。 流石に鎌倉に5年も住んでいただけの事はある。 その鎌倉に到着したのは午後4時過ぎ。 時間が経つのが早い。 そして彼の思い出を辿る散策になる。 彼が住んでいたアパートはまだ残っていた。 内部は全面的に改装したとか。 ここでも大家さんと長い立ち話。 そして彼が時間勤務していた子供英語学校へ。 今は変わってしまった後継校長と立ち話。 しかし10分も話していると明らかに校長先生の態度が変わってくる。 最後は名残惜しそうに窓から何度も手を振ってくれる。 これも彼特有の人の心を開く”力”だと感じる。 すごいの一言!。 その後我が家でじっくり酌み交わす。 話が尽きない。 昔話よりは今の話がこちらの心を惹きつける。 大した話術だと改めて思う。 翌日久里浜花の国を散策した後、彼は浜松へ向けて旅立っていった。 彼はもう76歳。 でもどうみてもそんな年齢には見えない。 一体どこからその活力が湧いてくるのか? 別れのハグ。 長いハグ。 彼は「私の兄弟だね」と云ってくれた。 全く同感。 又会おう。 それまで達者でなSteve・・・

都合によりブログは暫くお休みします。
今月の下旬から再開の予定です。

手嶋JO-JO

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
最近のコメント
最新トラックバック
ページナビ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
エントリー一覧
最近のエントリー
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR